結果的にWindows7に戻しました・・・

最終的にWindows7に戻しました。その一番大きな理由は、「最近使ったファイル」がないこと。面倒くさくて仕方がない。何かサードパーティーのシェルを入れるとか細工をすると、旧ウィンドウズ画面に近いことができるらしいが、そんなリスクを冒さなくても。

 

それで、Windows7に戻すにあたって、「あっ、そうだ。どうせ時間がかかるだろうから、寝る前に設定しよう」と布団に入ってから思いついた。

それで、先ほどテキストエディターで作業中のファイルを開いたまま、ノートパソコンの画面を閉じただけのパソコンを開けてみると・・・

 

なんと、ウィンドウズアップデートが始まっているではないか!

さっきの開いたファイルは?

 

Windows7に戻すどころか、数分間これで待たなくてはならない羽目に。

そして、次にこれをしようと思って開いておいたフォルダもファイルも関係なく、無情にもWindows10は再起動したのであった。

 

これは、パソコンじゃないと思う。作業をする方の都合ってもんがあるだろ。
いずれ、Windows7もなくなる。しかし、我々は将来こんなスマホまがいのOSと付き合っていかなければならないのか。

 

なおWindows10にアップデートするときに、Windows10は動作しないいくつかのプログラムを無効にしたり削除したりする。Windows7に戻すとこれらのプログラムもまたなくなっているか、正常に動作しなくなっている。Explorerの一部が英語表記になったりもしている。

Wnidows7に戻す時間自体は、大したことはなかった。

Windows10にしない方がいい。次にパソコンを買うまでお待ちになったほうがいいと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください