Outlookからデータを取り出せなくなる

私自身長い間Outlookを愛用してきた。Outlook Expressもテストのためにしか使ったことがないし、ThunderbirdもBeckyもそうだ。

仕事でOutlookのデータをBeckyに移そうとして、実はとても面倒くさいことがわかった。

大まかに言うとこういう感じになる。

1. Outlookは2003ぐらいのデータを用意する。
2. XPやVistaでOutlook ExpressかWindowsメールにインポートする。
3. Outlook Expressからドラッグアンドドロップでemlファイル形式に保存する。
4. Circle Beckyというプラグインを使って、emlファイルを丸ごとBeckyに取り込む。

もし、Outlook2013でWindows7や8を使うという前提であれば、Outlookのデータをどこかに移すことは事実上できない。Outlookはメールをファイルで保存する機能はあるけれども、それは.msgファイルという形式で、これはOutlookでしか開くことはできない。あるいはテキスト形式で保存することはできるが、その場合には添付ファイルは保存されない。
たとえば一つずつテキストで保存し、添付ファイルを関連した名前で保存するとか、そういうことはできる。
しかし、たとえば1000件とか10000件とかのメールを移すとなると、一つ一つ確認しながら移すためには大変な時間がかかることになり、事実上不可能になると思う。おそらくそれ用にプログラムを新しく作らなければならなくなるだろう。

Outlookを使い続けていれば、それはそれで何も問題はないのかもしれない。Outlookは悪くないソフトだとは思う。

だけど、メールソフトというのはそれぞれに特徴があり、一長一短である。OutlookはExchangeサーバと一緒に使うという前提で作られた特殊なメールソフトであって、メールという仕組みに対して素直なソフトではないと感じる人はあるだろうと思う。スケジュールやメモの機能が標準でついているが、それが便利だと思う人もいるだろうし、メールソフトとしてはわずらわしいと思う人もいるかもしれない。

しかし、今後は、Outlookを試してみて、ちょっと気に入らないからやっぱりやめた、ということができなくなると思う。自分ももし変えるなら、今しかチャンスはないことになるわけだ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください