迷走するWindows10のロック画面

今、Windows10のロック画面は「スライドショー」にして、パソコン内のあるフォルダーの画像が順繰りに表示されるようにしている。

 

ところが起動時にはそのスライドショーで指定した画像とは別の画像が表示される。必ず違うのだ。アイルランドの海岸みたいなやつか、洞窟の中で青い光が光ってるみたいなやつか、どちらかだ。
これはいわゆる「画像」としてあらかじめしていされたやつか、あるいはWindowsスポットライトのどちらかだと思う。ほな、いったいその「スライドショー」に設定したことは何か意味があるの?マイクロソフトは絶対Windowsスポットライトの画像を我々に強要したいのである。

 

そして、たいてい起動したときにはALT+CTRL+DELETEボタンを押さないとログイン画面が表示されない。それがいつも必ずそうだ、というのならいいのだけれど、ついこの間までタップするだけでログインできていたような気がする。

 

それで、ときどき解決方法を探そうと思って検索するのだけれど、もうそれも面倒になってきた。Web上に上がっている質疑応答だって、ほとんど未解決で、マイクロソフトの職員も「ああ、そんなことがあるのですか。私はわかりません。」的な回答しかしてないんだもの。大勢に影響なけりゃ、ま、いいことにしよう。ほとんど時間の無駄だもの。

 

思うのだが、マイクロソフトはここまで強制的に全パソコンにアップデートを施していながら、ろくにシステムテストすらしていないのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です